読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GENTRY

先日

コチラの特集(とても面白かったです!)で

ご紹介されていた

『GENTRY』という雑誌が

いかに斬新かつ画期的だったのか、

中面をご覧いただけば

おわかりいただけると思うので…

 

 

f:id:hynm_abe:20170217010617j:plain

創刊号の中面をざっとご紹介します。

 

 

コメントに書かれていた通り……

 

 

f:id:hynm_abe:20170217010657j:plain

多くのページに

 

 

f:id:hynm_abe:20170217010729j:plain

生地の見本が

 

 

 

f:id:hynm_abe:20170217010651j:plain

一点一点丁寧に

 

 

f:id:hynm_abe:20170217010814j:plain

貼られていたり

 

f:id:hynm_abe:20170217010917j:plain

騎乗の仕方が紹介されていたり

 

 

f:id:hynm_abe:20170217010714j:plain

 

一部だけ加工の印刷がされていたり

 

そして……

 

f:id:hynm_abe:20170217011200j:plain

 

ハーブの種が付いていたりと

とにかく手の込んだなんてレベルではない

凝りに凝りまくった雑誌なのです。

 

 

もちろん

こういった生地の貼付けなどは

一点一点手作業でやらないといけないので

その工程を想像するだけでも

どれだけ大変だったのかが伝わってきます。

 

しかも

それが

60年以上前の話なので…。

 

 

てことで……

 

 

f:id:hynm_abe:20170217010546j:plain

頑張ってコンプリートしました。

※頑張りすぎて一部ダブってます。

 

 

結局Vol.22で

終わってしまったのですが、

そこまで続いたこと自体が

凄いと思います。

 

 

ちなみに

創刊号の価格は……

 

f:id:hynm_abe:20170217011222j:plain

2ドル

 

当時タバコの価格は

25セントだったようなので

気軽に買える値段では

なかったと思われます。

 

 

余談ですが、

僕の知り合いが

数年前に

とある海外サイトで

『GENTRY』を購入したところ

数日後に運送会社から連絡があり

植物の種が原因で

日本へ輸入できなかったそうです…。

 

ということで

ご興味を持たれた方、

ご注意ください。

 

『GENTRY』と同じく

1950年代を代表する雑誌であり、

1950年のわずか1年しか発刊されず、

そして

1994年にリリースされたあの伝説的雑誌の

モデルとも言われている

 

 

f:id:hynm_abe:20170217010501j:plain

『FLAIR』(コチラも頑張ってコンプリート)や

 

 

 

f:id:hynm_abe:20170217010514j:plain

『AVANT-GARDE』(同じくコンプリート)も

傑作ですので(上から目線でスイマセン)、

またいつかご紹介させていただきます。

 

 

 

 

駄作な

コチラも是非どうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

L.L.Bean × BEAMS / DEEP BOTTOM BOAT&TOTE BAG

前回は買えずに悔しい思いをしたので、

今回は必ず買います。

 

 

f:id:hynm_abe:20170125152428j:plain

L.L.Bean × BEAMS / DEEP BOTTOM BOAT&TOTE BAG

 

ポイントはなんといってもボトム部分のデザイン。

通常のモデルよりも

ボトムの切り替え部分が高く設定されています。

 

好評を博した前回は2トーンでしたが

今回はワントーン仕様。

 

サイズは以下の3サイズです。

※クリックするとそれぞれの商品ページに飛びます。

  

S size
Color:Natural , Navy , Green
Price:¥10,500(+tax)


M size
Color:Natural , Navy , Green
Price:¥11,500(+tax)


L size
Color:Natural , Navy , Green
Price:¥13,500(+tax)

 

発売は2月11日ですが、

既に予約を受け付けていますので

気になる方はお早めにどうぞ。

 

BEAMS PLUS><BEAMS BOY>の取り扱い各店舗にて販売します。

※<BEAMS BOY>はS sizeのみ。

 

実際のところ、

BOAT & TOTE は

そこそこの数を持っているので

また新たに買うとなると

間違いなく奥様のご機嫌が斜めになります。

 

てことで、

奥様の分(ネイビーのM)を

買ってあげるという口実で、

自分の分(ネイビーのL)も

買おうと思っております……。

 

 

 

犬神佐清

 

そのビジュアルは、

阿部少年にとって

とにかく衝撃的でした。

 

ボサボサ頭が

石坂浩二古谷一行か忘れましたが、

ちょうどその時代です。

   

40を過ぎた今でも

正直苦手です。

  

そんな彼が

先日、代官山に現れました。

 

 

f:id:hynm_abe:20170112000017j:plain

犬神佐清さん

 

 

f:id:hynm_abe:20170112000031j:plain

ヴィンテージウエアに精通する佐清さん

 

 

f:id:hynm_abe:20170112000015j:plain

 1年のおよそ半分をアメリカで過ごす佐清さん

 

 

f:id:hynm_abe:20170112000019j:plain

無類の猫好きである佐清さん

   

 

実際の佐清さんは

とても優しい方でした(です)。

 

佐清さんに関する

詳しい情報は

今春、解禁されるようです。

 

f:id:hynm_abe:20170111210554j:plain

この中にいるかもしれません…。

 

 

もうおわかりの方も多いと思います。

面倒なフリにお付き合いいただき、

ありがとうございます…。

 

今春、

紙とウェブでアップされる予定です。

  

ということで、

今年も駄文ブログに

お付き合いいただけますと幸いです。

 

皆様、よろしくお願い致します。

 

 

 

ついでに

コチラ

よろしくお願い致します…。

 

 

 

 

 

 

L.L.Bean Baby Bag

また新しいトビラを

開いてしまいました。

 

原因は

この子です。

  

f:id:hynm_abe:20161217090547j:plain

Vintage L.L.Bean Baby Bag

  

さすがは<L.L.Bean>、

こんなモノまで作っていたんですね。

  

しかも

f:id:hynm_abe:20161217090556j:plain

オリジナルタグまで作る力の入れよう。

 

軽ーく調べたところ、

残念ながら

現在は展開されておらず、

当時('80年代?)は

色々なカラーがあったようです。

 

てことで、

これからは

こっちのカテゴリーも

開拓したいと思っています……。

 

どうか

うちのボス(妻)が

このブログを読みませんように…。

 

ちなみに

このBaby Bagは

いつもお世話になっている

コチラのオーナーさんから

お祝いとしていただきました。

山田さん

ありがとうございます!

 

 

 

 

いつも通りですが、

よろしければ

コチラもどうぞ…。

 

 

BEAMS AT HOME 3

第1弾が発売された時、

自分はまだ

社外の人間だったのですが

BEAMSの人たちは、なぜこんなにもお洒落な家に住めるんだろう…」

と首をかしげまくってました。

 

 

そして今、

社内の人間として

第3弾のページをめくっています。

 

 

f:id:hynm_abe:20161125171430j:plain

BEAMS AT HOME 3(宝島社)

¥1,260+tax

※リンク先からご購入いただけます。

 

数年前の疑問は解消……されるどころか

謎は深まるばかりです。

 

どうしたら、こんなお洒落ハウスに住めるんでしょう…。

 

一応…

 

f:id:hynm_abe:20161125171513j:plain

自分も登場させていただきましたが、

他の方々とは

メジャーリーガーと少年野球くらいの差を痛感しています

(もちろん後者です…)。

 

 是非ご覧になってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“古着サミット4” アップされました。

一部のコアな皆様、

大変長らくお待たせしました。

 

遂にアップされました。

 

f:id:hynm_abe:20161118104918j:plain古着サミット4

 

かなり長いので

一人一講の全四講に分かれています。

 

お時間ある時に、

是非ご覧になってください。

 

今回も

お三方と小牟田さんには

大変お世話になりました。

 

そろそろ

古着屋ツアー、

実現したいですね…。

 

 

 

 

 

コチラ

長くもないですし

たいして有益な情報もないので

お気軽にどうぞ…。

 

 

スペシャル対談とスペシャルイベント

 

知り合いから

ビームスでどんな仕事をしているの?」

とよく聞かれるのですが、

自社サイトにアップされる

特集のテキストを

書いたりしています。

   

例えばコチラ。

   

f:id:hynm_abe:20161114104845p:plain

【TALK】

Shinshu kosuzume(BRIEFING Designer)× Tomonori Shibasaki(BEAMS Buyer) 

   

今回は

<ブリーフィング>の

デザイナー小雀新秀さんと

ビームスバイヤー柴崎氏による

スペシャル対談。

    

他では聞けない

あんな話やこんな話は

もちろんのこと(もったいぶってスイマセン…)、

コチラのトリプルコラボレーションについても

製作秘話を語っていただきました。

    

 

f:id:hynm_abe:20161116170110j:plain

BRIEFING × DANNER × BEAMS PLUS 

DANNER LIGHT

¥59,000 + tax (each)

  

   

f:id:hynm_abe:20161116170025j:plain

BRIEFING × DANNER × BEAMS PLUS 

STAPLE FLAP DAYPACK

¥54,000 + tax 

  

   

f:id:hynm_abe:20161114105913j:plain

BRIEFING × GRAMICCI × BEAMS 

CARGO PANTS

¥19,500 + tax 

 

既に発売している

<グラミチ>と共作のカーゴパンツは、

アメリカ製のオリジナルケースが

付いているということもあり

おかげさまで好評です。

 

また

ダナーライトと

デイパックは

間もなく入荷の予定ですので、

気になる方は

お近くのBEAMSまでお問い合わせください。

 

 

あ!

好評といえば

コチラも連日大盛況です。

 

f:id:hynm_abe:20161116171852j:plain

Vintage Clothes POP UP by “MR.CLEAN”

 

僕も本日見てきました。

 

欲しいモノが沢山あったことは

言うまでもございません…

 

原宿へお越しの際は…

いや、むしろこのために

原宿へお越しいただいても

十分楽しめると思います(効果好みには個人差があります)!

 

是非ビームス 原宿へ! 

 

 

 

個人差といえば、

コチラも比較的オススメです…。